みみ はな のど アレルギー

〒232-0067
神奈川県横浜市南区弘明寺町134GMビル1F
電話:045-715-4133

ホームお知らせ当医院のご案内交通案内診療案内

お知らせ | 横浜市南区のアレルギー科・耳鼻科|アレルギー検査

お知らせ

モバイルサイト

初診の方へ

初診の方は受付で提出していただけると、早く診療を受けられます。

問診票[PDF]

HOME»  お知らせ

スギ花粉飛散について

[2018.02.26]

スギ花粉が飛散し始めました。今シーズンは大量飛散が予想されています。辛い症状が出ないよう、早めに花粉症の薬を使って下さい。

予約システムについて

[2018.02.19]

予約システムの調子が悪く、予約がネットから取れない場合は、直接医院に電話して予約をとって下さい。

インフルエンザワクチン接種の予約について。

[2017.10.06]

インフルエンザワクチンの予約を一時終了します。キャンセルが出た場合にはまた掲載いたします。

インフルエンザワクチン接種の予約について

[2017.09.28]

インフルエンザワクチン接種の予約は10月3日(火)より医院で開始いたします。

インフルエンザワクチンの接種のお知らせ

[2017.09.25]

平成29年10月17日(火)より火曜日全日と土曜日の午後に行います。
接種回数は生後6ヵ月から12歳までは2回、13歳以上は1回です。
接種代は1回目が4,000円
2回目は生後6ヵ月から2歳までは1,000円
3歳以上は2,000円
65歳以上の横浜在住者や公費対象者は1回2,300円
ワクチンがなくなり次第終了とさせて頂きます。
予約を受付でとって下さい。

医療事務、看護助手のパートを募集しています。

[2017.09.19]

時給は1,000円からです。
勤務時間は要相談。交通費は支給。
特に混雑する土曜日は来られる方を希望しています。
メールまたは受付にご連絡下さい。

インフルエンザワクチン接種の予約は終了しました

[2016.10.31]

インフルエンザワクチン接種の予約は終了しました。

インフルエンザワクチン接種のお知らせ!

[2016.10.03]

当医院でも10月18日(火)よりインフルエンザワクチン接種を開始します。ワクチンの接種は、最も空く火曜日の全日と最も希望者の多い土曜日の午前9時からに集中して行います。
予約は受付で10月4日から始めます。
接種回数は、13歳未満は約2週間の間隔で2回、13歳以上は1回です。
接種代は1回目が4,000円
2回目は6か月から2歳までは1,000円
3歳以上は2,000円
横浜市在住者や公費対象者は1回2,300円


最新の電子スコープを入れました。

[2016.06.24]

最新のOLYMPUS電子スコープを入れました。
この電子スコープは先端がわずか2.6㎜の細さで、高画質のために、患者さんの痛みがほとんどなく、小児にも使えます。

禁煙外来について

[2016.05.19]

土曜日午後のみ禁煙外来は行いません。

ピアスの穴あけについて

[2016.05.16]

ピアスの穴あけは土曜日の午後は行いません。それ以外の時間帯では可能です。

インフルエンザワクチンの接種は終了しました

[2015.12.24]

インフルエンザワクチンの接種は終了しました。

呉先生休診のお知らせ

[2015.12.14]

1月9日(土)は呉先生が所要のため休みます。
この日は例年1月で最も混雑する日のため、予約のない方は2時間以上の待ち時間も予想されます。

他の日の受診が可能の方は1月9日を避けて下さい。



呉先生休診のお知らせ

[2015.11.17]

11月21日(土)は呉先生が所要のため休みます。
そのため、土曜日ですが、院長の出井が1日を通して担当します。
1診になり、連休前のため混雑が予想されます。

インフルエンザワクチン接種を再開しました

[2015.11.17]

キャンセルが数十名分出たため、インフルエンザワクチンを再開します。
診察時に体調が悪くなければ、同時に受けることも出来ます。

予約された方の待ち時間の短縮に努めます

[2015.11.12]

混雑する時間帯には急患や重症の患者さんも集中してしまい、今までは予約されても1時間近くお待たせすることもあり、ご迷惑をおかけしていました。
予約人数を制限するなどの改善策をとり、予約された方の待ち時間の短縮に努めます。
しばらく、平日は6時まで予約を受付して、それ以降6時30分までは来院された順番に診察させて頂きます。

 

インフルエンザワクチン接種の予約終了について

[2015.10.26]

10月24日(土)でインフルエンザワクチン接種の予約を終了しました。

インフルエンザワクチン接種について

[2015.10.09]

10月20日からインフルエンザワクチンの予防接種を開始します。
予約を医院受付でしてください。予約は土曜日の午前中以外の診察時間に出来ます。
13歳以上は1回、12歳未満は2回の接種が必要です。

費用
1回4,000円2回目は3歳未満は1,000円3歳以上は2,000円
横浜市在住の65歳以上の方は公費対象で1回2,000円です。

接種日
 ・火曜日の全日
 ・土曜日の午後14時30分
※保険証、診察券、予約時に渡す問診票を持参ください。

※予約された時間より10分以上経過されて来院された場合には、予約はキャンセル扱いとさせて頂きます。
もし遅れそうな時には受付に電話して下さい。

医院内の設備を環境に配慮したものや最新のものに交換しました。

[2015.10.09]
●照明を環境に優しいLEDに交換しました。
●天井に設置してある高性能空気清浄機2台を最新のものに交換しました。

スギ花粉症の舌下免疫治療(減感作治療)を行っています。

[2015.07.13]
この治療の対象となる方は、12歳以上です。それ以外については、今までの皮下注射免疫治療と大差はありませんので、そちらを確認してください。11歳以下の小児は現在治験を行っており、5年以内には開始できる見込みです。この治療薬は新薬のために、平成27年10月までは2週に1回の通院を要します。その後は1か月に1回の治療になる予定です。この舌下免疫治療は院長のみが行っており、呉先生が担当の月曜日と土曜日の午前中には出来ません。
 

小児のダニアレルギー性鼻炎の患者様、舌下免疫療法の治験に参加しませんか?

[2015.07.06]
次のような方は治験にご参加いただけます。
●1年以上前より、通年性鼻炎の治療で通院したことのある方
●1年間決められた受診が出来る方
※上記以外にも参加条件があり、ご参加頂けない場合があります。
この治験について詳しくお知りになりたい方は、医院までお問い合わせ下さい。

・治験とは、患者さまにご協力頂き、新しいお薬が国で認められ、世の中に出されるために、そのお薬の有効性・安全性などを調査し確認する試験のことです。
・治験は、すべて厚生労働省に届出が行われています。

舌下免疫治療と皮下免疫治療のどちらを選べばよいのか?

[2015.07.02]
舌下免疫治療は12歳以上でスギ花粉症のみが対象です。つまり、11歳までの小児やスギ以外のアレルギーは対象外です。皮下免疫治療は5歳以上で対象になり、ハウスダストとダニの治療も出来ます。詳細は鳥居薬品のシダトレインのサイトも参照して下さい。

ダニの皮下免疫治療(減感作治療)を開始しました。

[2015.06.15]
この度保険適応となり当医院でも治療を開始することにしました。ハウスダストよりも効果が高いことが証明されています。治療頻度はハウスダストとスギ花粉の治療と変わりありません。今までハウスダストの免疫治療を受けていて、効果のある方は特に変更する必要はありません。適応はダニが原因のアレルギー性鼻炎、喘息(重症でない)です。5歳以上で治療は可能です。特別に専門的な知識と十分な経験のある医師のもとでのみ治療が認められています。

ダニの舌下免疫治療(減感作治療)について
年内にもダニに対する舌下免疫治療が保険適応になりそうです。対象は12歳以上です。詳細が分かり次第ホームページ上にアップします。

スギ花粉症・アレルギー検査について

[2015/03/05]

スギ花粉症の患者さんに対しては、アレルギーの検査を強く勧めています。
当医院ではアレルギーの専門的な高度の診療を行っています。アレルギーの検査をすることにより、自分のアレルギーの原因と強さをはっきりさせて、日常生活での注意点、注意すべき時期、適切な薬の選択と必要な日数、免疫治療(減感作治療)やレーザー治療などの適応があるかを判断していきます。
そのことにより、薬を減らして費用の負担を軽減出来ますし、薬を眠気の少ない軽い薬に変更出来たり、アレルギーを進行しないようにしたり、新たなアレルギーが出ること予防することにもつながります。最近検査を受けている方は、その検査データがあれば持って来て下さい。
その場合には新たに検査が必要ない場合が多いです。検査は一般には採血で、ご希望により13種類(通常8種以下)までのアレルギーが約4日で分かります。採血のできない幼少の場合は指先に細い針を刺して、数滴の血液で主要な8種のアレルギーが15分くらいで分かる方法も出来ます。

どの医療機関でも薬のみを出すことは法律で禁止されています。

今までかかられている方で、お急ぎの方は、簡単な問診をさせて頂いてから、薬の処方箋を出しています。その場合は予約は不要です。家族の方が取りに来ても構いません。

スギ花粉ついて

[2015.2.27]

スギ花粉症のピークに入りました。
今年の冬は寒く、花粉の飛びはじめは遅かったのですが、暖かい日が出てきたために、
いきなり花粉のピークに達しました。スギ花粉を付けない対応を十分にして下さい。
薬も飲み薬以外に点鼻と目薬を併用して下さい。
それでもなお辛いときには、いつでも相談に来て下さい。
より強い薬や他の治療を提案させて頂きます。

スギ花粉の経口(舌下)減感作療法について

[2014.12.19]

製薬会社の見解では、経口減感作治療の開始は12月から4月までは推奨されていません。それは、スギ花粉シーズンとその直前に治療を開始した場合には、花粉症の症状が増悪したり、副作用が出やすくなる可能性があるためです。

以上より、当医院では今シーズンから開始する経口減感作治療は終了しました。来シーズンに向けての経口減感作治療の相談は受け付けられます。理想的な経口減感作治療のスタートは5月以降です。

なお、この薬は新薬のため、10月までは2週間ごとの処方が義務付けられており、頻回の通院が必要になります。

インフルエンザワクチンの予約は終了

[2014.10.30]

通常のインフルエンザワクチンの予約は終了しました。65歳以上の公費分のワクチンは若干残っています。

インフルエンザワクチン接種について

[2014.10.06]

予約が必要です。
予約は、土曜の午前以外に受付でのみ行っています。
13歳以上は1回、12歳以下は2回の接種が必要です。
接種料金は消費税込みで1回3,000円、2回目は2,000円です。
65歳以上と一部の公的補助を受けられている横浜市民の方は1回2,000円です。
10月18日(土)より以下の時間帯のみで行います。

 ・火曜日の午前(9時~12時)、午後(14時30分~17時)
 ・土曜日の午後14時30分

ワクチンがなくなり次第終了とさせて頂きますので、ご了承下さい。

混雑のお知らせ

[2014.09.16]

これから土曜日は混雑することが多くなるため、平日にも来られる方は出来るだけ平日にいらして下さい。

スギ花粉の経口減感作治療のお知らせ

[2014.09.16]

スギ花粉の経口減感作治療が10月8日より保険適応になります。詳細は近日中に連絡します。

リンク集ページの追加

[2014.06.09]
リンク集ページを追加しました。

スギ花粉症に対する経口減感作治療について

[2014.05.29]
スギ花粉症に対する経口減感作治療について興味のある方はご連絡下さい。
今年にはスギの経口減感作治療が開始出来そうです。当医院に通院可能な方には最新の情報をいち早く提供します。
対象は12歳以上の比較的重症の患者さんです。

診療担当医変更について

[2014.04.04]
呉先生が4月から復帰しています。

1年で最も混雑する3月に呉先生が休むことになり、待ち時間が多くなって、ご迷惑 をおかけしました。4月に入るとスギ花粉症の患者さんが減ってすいていきます。

スギ花粉症に対する経口減感作治療の開始時期延期について

[2014.04.04]

今年の6月から開始予定だったスギ花粉症の経口減感作治療(シダトレン)が、メー カー(鳥居薬品)の都合により延期が決定しました。10月以降の開始になります。

AEDについて

[2014.02.20]

AEDを2月19日に最新のものに交換しました。

経口減感作治療について

[2014.02.20]

今年(H26年)6月からスギ花粉に対する経口減感作治療が開始出来るようになりそうです。約8割の方には効果があると考えられています。
費用は未定ですが、皮下注射の治療よりも高くなるでしょう。また新薬のために最初の1年は2週間おきの通院が必要となります。
小児は対象外です。スギ花粉以外の経口減感作治療はまだ治験の段階です。
この治療ができる医療機関は限られており、当医院は対象になっています。
詳細が分かり次第連絡します。

スギ花粉症の早期治療の季節になりました

[2014.01.16]

症状の出る1~2週間前から軽い薬を使用すると、スギの花粉症シーズンがずっと楽に過ごせることが分かっています。
この時期、当医院では長めの処方をしています。

インフルエンザに対する最新の検査が出来るようになりました

[2014.01.16]

この検査はテレビで富士フィルムのCMとして放送されたものです。
通常のインフルエンザ検査では初期のインフルエンザの判定が出来ずに、翌日再検査をすることもありました。
今回の検査は富士ドライケムを使用するもので、早期からインフルエンザの判定が出来ます。

インフルエンザワクチンの終了のお知らせ

[2013.11.25]

当院のインフルエンザワクチンはなくなりました。

 

スギ花粉症に対するレーザー治療の時期になりました

[2013.10.15]

初回の方と重症の方(特に鼻づまりが強い)は2回、それ以外の方は1回の治療です。
2回の場合は間隔を1ヶ月空けることが保険上必要です。
花粉症の症状が出る2週間以上前に治療を終えることが望ましいです。

詳細はレーザー治療の項目をご覧ください。


インフルエンザワクチン接種について

[2013.09.18]

ワクチン接種の必要回数は13歳以上は1回、13歳未満は2回です。接種代は消費税込みで、1回目3,000円、2回目2,000円です。ワクチンは無くなり次第終了とさせて頂きます。
ワクチン接種を希望される方は受付に直接電話(045-715-4133)で、お問い合わせ下さい。


当院スマートフォンサイトについて

[2013.09.18]

スマートフォン上の当医院のホームページを見やすくしました。

院長がドクターズファイルに取材されました。

[2013.09.03]

院長がドクターズファイルに取材されました。
こちらから記事をご覧ください。


インターネット予約に関するお知らせ

[2013.08.27]

新患の患者さんでもインターネット予約が出来るようになりました。


スギ花粉とハウスダストの経口減感作治療について。

[2013.05.14]

現在まだ保険適用になっていないため、当医院では行っていません。
スギ花粉の治療は年内中に保険適用になり、一部の医療機関で行われることになっています。
当医院では最も早く出来るようになる予定です。
当医院で治療が可能になり次第HPにアップします。

中耳炎と診断された患者さんに対して。
中耳炎は放置すると聴力が悪いままになる事が少なくありません。
悪くなった聴力を改善するためには、入院して手術が必要になる事もあります。
仮に手術をしても聴力が完全には回復しない事もあります。
中耳炎と診断されたら、痛みがなくなっていても必ず再度受診して下さい。
当医院に来られない場合には、他の耳鼻科を受診されてもかまいません。
 

医院がすいてきました。

[2013.04.05]

今年はスギ花粉症の患者さんが大変多く、待ち時間が長くなり申し訳ありませんでした。
3月の最終週から患者さんの数がかなり減り、待ち時間が短くなってきました。

 

スギ花粉症の患者さんで症状の出ている方が増えてきています。

[2013.01.22]

当医院は特に重症のアレルギー患者さんが多く、例年早くからスギ花粉症の患者さんが来院されます。
今年は1月12日頃から目のかゆみ、鼻水、くしゃみの症状が出てきた患者さんが増えてきました。
今年のスギ花粉の本格飛散は2月10日頃からと予想されています。
今年のスギ花粉はこの数年では最も多いと予想されており、早めの対応が大切です。
レーザー治療は出来れば2月10日頃までに、薬による初期治療(予防投与)も2月上旬からは必要になります。

 

インフルエンザワクチンの予約終了のお知らせ

[2012.11.26]

インフルエンザワクチンの予約は終了しました。

 

スギ花粉症に対するレーザー治療の時期になりました。

[2012.10.29]

最も効果的な時期は10月下旬から1月までです。
詳細はレーザー治療の項目をご覧下さい。

よくあるご質問に通院期間と待ち時間について掲載しました。

[2012.10.29]

「なぜ当医院の通院回数が少なく、通院期間は短いか?」
「なぜ予約をしても待ち時間が長くなる事があるのか?」を追加致しました。
詳しくはこちら


インフルエンザワクチンの接種を行っています。

[2012.10.22]

インフルエンザ接種が出来る日は火曜日の午前中と午後17時30分まで、土曜日の午後14時30分です。
13歳未満は2回、13歳以上は1回の接種です。費用は消費税込みで1回3000円、2回目は2000円です。
生後6カ月未満は適応外です。横浜市在住の65歳以上の高齢者や生活保護の方は市からの補助がでる場合がありますが、当医院では今年に限り認定されていません。受付に直接来て、予約を取って頂きます。
保険証と診察券(初診の方は結構です)を持参下さい。
ワクチンが無くなりしだい終了とさせていただきます。

10月15日に最新の重心動揺計が入りました。

今までもめまいの検査として重心動揺計を使用してきましたが、バージョンアップした最高機種に変更しました。今回の機種はラバーマットも用い、下肢による影響を排除して、純粋に耳(内耳)からのめまいかどうか、その機能が悪くないかを判定します。

2012年10月から医師の担当医が変わります

[2012.09.24]

医師担当表
09:00~12:00 出井 × 出井
出井
×
14:30~18:30 出井 出井 出井 × 出井 出井 ×

※土の午前は呉と出井の2診です

商店街駐車場の無料サービスの廃止を検討中です!

[2012.05.13]

当医院は弘明寺商店街のアーケード内にあり、交通の便がよいことから、できるだけ公共の交通機関(市営地下鉄、京急線、バスなど)をお使い下さい。現在当医院は弘明寺商店街の会員であることから、商店街駐車場を使われた場合には1時間分までの商店街駐車場無料チケットを差し上げています(さらに隣の薬局を使われた時には1時間分の追加を受けられます)。しかし、弘明寺の町は平安時代から続く横浜では最も古い門前町で、道が大変細く入り組んでおり、一方通行の道がほとんどで、歩行者天国もあり、商店街駐車場を使用される時に苦労される方が多いのが現実です。そのための患者さんからの苦情も多く、商店街駐車場の無料サービスの廃止を検討中です。特に免疫治療(減感作)を受けられている方に対しては当医院は完全な赤字で、さらに駐車場の負担をするべきではないという考えもあります。別所のイトーヨーカドーの駐車場や別の使いやすい駐車場を使われる方も少なくありません。

4月からフジフィルム製の極細電子内視鏡を導入しました。

[2012.04.18]

この電子内視鏡は先端部から軟性部にわたり直径2.9mmと現在最も細いもので、柔らかく、幼児から大人まで痛みをほとんど感じずに検査を受けられます。当医院には他に最新式のガンを識別できるオリンパス製NBIハイビジョン電子内視鏡も備えており、より詳細な検査を出来ます。また、嚥下障害に対しての内視鏡検査も行っております。

4月から保険の改訂があり、診察の一部で患者さんの負担が変わります。

[2012.04.18]

4月から保険の改訂があり、診察の一部で患者さんの負担が変わります。

4月に入り外来がすいてきました。

[2012.04.03]

毎年のことですが、4月から9月までの半年はすくシーズンで10月から3月までは混雑するシーズンです。
4月1日より患者さんの数も約半分に減ってきました。

予約時間どおりに診察できなくなることがあり申し訳ありません。

[2012.02.28]

2月から3月の特に月曜と土曜は混雑が激しくなる時間帯があり、予約される時間よりかなり遅れてしまうことがあります。それは1年で最も混む花粉症の季節であること以外に、予約外で比較的重症の患者さんが多数来院し、その患者さんを優先しなければいけなくなるためです。そのため、遅い時間ほど予約外の重症の患者さんの数により、かなり遅れてしまうことがあるのです。待ち時間を出来るだけ短くされることを希望されるようでしたら、すいている曜日(火、水)の午前でも午後でも早い時間の予約を取られることをお勧めします。たとえどんなの混んでいる日(月、土)でも、早い時間に予約されれば待ち時間は大変少なくてすみます。

受付に直接電話で予約をされる場合やお問い合わせをされる方は診察券の番号をお知らせ下さい。

[2012.02.24]

受付に直接電話で予約をされる場合やお問い合わせをされる方は診察券の番号をお知らせ下さい。

4月から9月はすき、10月から3月は混雑するのが耳鼻科のパターンです。

[2012.02.07]

どこの耳鼻科でも、患者数の季節による変動が大変大きく問題になっています。
一般的に4月から半年間はすき、特に8月1日から9月20日頃までは信じられないくらいすく日が多いです。
それに対して10月からの半年は混雑する日が少なくなく、特に2月と3月は花粉症のため1年で最も混雑します。
1週間で特に混雑する日は土曜日、月曜日、祭日前後です。逆にすくことの多いのが火曜日と水曜日です。

来院時に持ってきていただくもの。

[2012.01.20]

  • 診察券
  • 保険証
  • 医療券
  • お薬手帳(内服している薬を証明できるもの)

(New)内装工事を行います。

[2011.09.18]

9月18日より9月25日まで比較的大規模な内装工事をいたします。暦どおりに診察をいたしますが、ご迷惑をおかけすることもあるかと思いますので、ご了承下さい。今回の改善点は以下のとおりです。①受付前の自動ドアで子供が遊ぶことがあり危険なため、廃止します。②受付から待合室、診察室、ネブライザーそして会計に行かれる患者さんの流れを出来るだけ一方通行にして、患者さん同士がぶつからないようにします。③診察中に他の患者さんに話が聞こえにくいように、ネブライザーの位置を変え、プライバシーが守れるように努力します。④2つあるネブライザーの内古い方を最新の機種に交換します。⑤院内にあるテレビは受付の上にあるもの以外は全ておしゃれな新しいものに交換します。⑥混雑状況が把握できるモニターを最新のものに交換します。⑦患者さんをお呼びするマイクを設置。⑧受付のデスクの改善。⑨感染症の患者さんの中待合室を設置。⑩これらに伴い検査の場所や本棚などの位置を変えます。⑪子供が飽きないようにするためのおもちゃを新しいものに変えていきます。

アレルギーの免疫治療(減感作)を受けられる方は平日は18時までにいらして下さい。

[2011.09.18]

この治療を開始される時にお話していますし、お渡しした紙にも書いておきましたが、診察の受付終了時間の30分前まで(平日は18時、土曜は16時30分)に出来るだけいらして下さい。

PAGE TOP